そうだったの!?予防接種後の全身脱毛

予防接種を受けた後は全身脱毛を利用することができません。なぜなら、予防接種は体内に抗体を作ってしまうからです。体内に抗体を作ることで、だるさや微熱、吐き気などの症状が現れることがあります。また、体内にあるバリア機能が弱まり、脱毛効果も減ってしまうため、予防接種後の全身脱毛は推薦されていないのです。また、全身脱毛だけでなく、他の部位も基本的にNGです。予防接種後にサロンに行った場合、基本的には断られるものだと思っておいてください。
予防接種を受けた後は10日前後は脱毛をすることが推薦されていません。少し長く感じられる方もいらっしゃると思いますが、肌トラブルを未然に防ぐためには10日前後期間を空ける必要があるのです。また、自宅での脱毛もリスクが高く、かゆみや赤みなどの肌トラブルが発生してしまう可能性があるため、やめておいたほうが良いでしょう。
全身脱毛は基本的に2ヶ月に1度のペースで行われることが多いです。なぜなら、全身脱毛は毛周期のサイクルに合わせる必要があるからです。毛周期とは毛が生えてくるサイクルを指します。このサイクルに合わせなければ、効率的に脱毛をすることができません。そのため、多くのサロンでは2ヶ月に1度のペースで全身脱毛が行われているのです。